熟練の職人が、手間と愛情を惜しまず、一昼夜かけて作り出す、渾身の白濁スープ

*

九州の伝統料理"水だき"。その起源は、古くは中国大陸で生まれ、かの楊貴妃もその美容を保つために好んで食べたと伝えられます。その後、朝鮮半島を経て、日本の長崎から九州へ伝来しました。恵屋は、数百年の時を経て進化した"水だき"にこだわりぬいた、佐賀で唯一の水だき専門店です。"水だき"は、鶏一羽が持つ滋養と旨味を、丸ごと食していただける鳥料理の最高峰です。鶏に精通した職人が、時間と情熱を注いで作り出す白濁のスープと柔らかな鶏肉は、決して家庭では味わえない逸品です。また水だき鍋の中で煮る、無農薬や有機の野菜も、白濁スープと絡んで最高の調和を奏でてくれます。